Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Merge / Jack Wilkins

Jack Wilkins Merge Chiaroscuro CR-156
★★★☆
『Merge』
Chiaroscuro CR-156
1977年2月 録音
Jack Wilkins(g) Randy Brecker(flh/except 2-3)
Eddie Gomez(b) Jack DeJohnette(ds,p/1-2,1-3)
George Mraz played the last bass note on/2-1


Side-1
1. Fum
2. Papa, Daddy And Me
3. Brown, Warm & Wintery
Side-2
1. Buds
2. Falling In Love With Love
3. 500 Miles High

このレコード、本番というよりリハーサルを録音したという印象を受けます。 メンバー
全員が軽く流している感じがするのです。 それにしても 「Brown, Warm & Wintery」 での
ディジョネットのピアノは余技とはいえず本格的ではあります。

ただ全体的に言えることはフュージョンにもなりきれていないし、もちろんストレート
アヘッドなジャズでもない、中途半端な一枚。 タイトルが示す “融合” ではなく写真が
表している “合流” が せいぜいなところでしょう。
ゴメスが なぜ本作に共演しているのか? エヴァンスのグループに飽きたのか。 この年の
8月に傑作 『You Must Believe In Spring』 を録音してから袂を分かってしまうのです。
本作の 「500 Miles High」 では得意? のアルコを盛大に聴かせています。

結果 星三つ半は厳しめなのかもしれませんが、ずっと聴きたくなる作品なのかというと
首を傾げざるを得ないのです。


よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する