FC2ブログ

Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Out Front / Booker Little

Booler Little Out Front Candid CJS 9027
★★★
『Out Front』
Candid CJS 9027 → Victor SMJ-6170
(1-1, 1-3, 2-4)1961年3月17日
(1-2, 2-1, 2-2, 2-3)1961年4月4日 録音
Booker Little(tp) Julian Priester(tb)
Eric Dolphy(as,bcl,fl) Don Friedman(p)
Art Davis(b/1-1, 1-3, 2-4) Ron Carter(b/1-2, 2-1, 2-2, 2-3)
Max Roach(ds, timpani, vib)


Side-1
1. We Speak
2. Strength And Sanity
3. Quiet, Please
Side-2
1. Moods In Free Time
2. Man Of Words
3. Hazy Hues
4. A New Day

本作のジャケット写真とデザインは Frank Gauna氏。 あっさりしすぎているというか
オーソドックスというか、ひねりがないぶんジャズなのに気品が漂うデザインなのです。
持っているぶんには すてきなジャケットなのですが、ほとんど聴く気がおこらない。
ジャズ喫茶が幅をきかせていた最後の時代、1970年代初頭、喫茶店のアルテックA7から
この作品が流れてきたら、“これかッ、どいつがリクエストしたんだッ!” てな調子で
でも(いまはやめた)タバコを喫いながら文庫本を読んで辛抱したものです。
このレコードは苦悩する? 大学生らが文化人気取りでアクセサリー代わりに聴く、そんな
雰囲気がしたものですが、リトルは微塵も思っていないのは確かです。
多数のブローガーによると、黒人公民権運動の表現から生まれた音楽だとか・・・
お笑いの小島よしお氏じゃないけれど “でも、そんなの関係ねぇ” と思います。
だって音楽本来の意義である 「オトを楽しむ」 ことは まったく考えられていないから。

この作品のあと3ヵ月後の夏にもう一枚の代表作 『Booker Little And Friend』 を録音し
8月9日には本作のメンバーに似た陣営で 「Man From South Africa」 が最後の録音になり
10月5日の木曜日に尿毒症による合併症で 23歳という若さでこの世を去りました。



よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する