Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Cattin' With Coltrane And Quinichette / John Coltrane And Paul Quinichette

Cattin With Coltrane And Quinichette Prestige PRLP 7158
★★★☆
『Cattin' With Coltrane And Quinichette』
Prestige PRLP 7158
1957年5月17日 録音
John Coltrane(ts/except 1-3, 6) Paul Quinichette(ts)
Mal Waldron(p) Julian Euell(b) Ed Thigpen(ds)


Side-1
1. Cattin'
2. Sunday
3. Exactly Like You
Side-2
1. Anatomy
2. Vodka

当日録音された他の曲で、収録しているCDもあります。
6. Tea for Two

結論から言いましょう。 この作品、両極にある二人の個性の ぶつかり合い? を愉しむ?
わたしは成功しているとは思えません。 硬軟対決の狙いは音楽として違和感があります。
プロデューサー兼社長のボブ・ワインストックの いつも通りの姑息さが ふんぷんの作品。

5曲中3曲をマルが提供している関係からか、マルのソロには すばらしいものがあります。
彼のブルース感覚は やはり特筆すべき才能だと思います。
この作品はジャズ喫茶店で聴くと、また味わいが変わって星4つ半ぐらいになるのかな。
余談ですが、トレーンとクィニシェットの写真の扱い方のデザイン(黒い部分)が下手。
もっと繊細に きめてほしかった。 そんなこんなで、わたしはセカンド盤(RVG手描き?)を
コピーも とらずヤフオクで 10数年前に 5,000円で手放してしまいました。



よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する