Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Jutta Hipp With Zoot Sims Blue Note1530

Jutta Hipp With Zoot Sims Blue Note BLP 1530
★★★★☆
『Jutta Hipp With Zoot Sims』
Blue Note BLP 1530 → King GXK-8213M
1956年7月28日 録音
Jerry Lloyd(tp) Zoot Sims(ts)
Jutta Hipp(p) Ahmed Abdul-Malik(b) Ed Thigpen(ds)


Side-1
1. Just Blues
2. Violets For Your Furs
3. Down Home
Side-2
1. Almost Like Being In Love
2. Wee-Dot
3. Too Close For Comfort

※当日録音された他の曲。
6. These Foolish Things
7. 'S Wonderful

ブルーノート、いやレコーディング自体希少なユタ・ヒップの人気盤。
とはいえ やはりズートが参加しているからこその人気盤でしょう。
ズートはオープニングから快調に飛ばしていきます。 そしてトランペットの
ジェリー・ロイドに渡しますが、このときのロイドの音、情けないです。
格の違いが はっきりと出ています。 「Almost Like Being In Love」 の
ズートのバックで つけるロイドのオブリガートも貧相で悲しい。
肝心のユタに関していえば 『At The Hickory House』 の ほうが迫力が
あって、彼女を聴くなら そちらを聴くべきでしょう。
したがって このアルバムはズートの快演を聴くために あるのですね。
わたしが思うベストトラックは名曲 「Violets For Your Furs」、リーダーの
ユタも極上のソロを聴かせてくれます。 名演だと思います。
このアルバム、ズートのプレイには星五つ謹呈です。

※以上 2012年1月26日の記述でした。


Jutta Hipp With Zoot Sims
Jutta Hipp With Zoot Sims

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する