FC2ブログ

Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

That's It ! / Booker Ervin

Booker Ervin Thats It Candid CJS-9014
★★★★
『That's It !』
Candid CJS-9014 → CBS Sony SOPC 57008
1961年1月6日 録音
Booker Ervin(ts) Horace Parlan(p)
George Tucker(b) Al Harewood(ds)


Side-1
1. Mojo
2. Uranus
3. Poinciana
Side-2
1. Speak Low
2. Booker's Blues
3. Boo

国内盤が発売されたのは確か1971年、何月かは不明。 録音から10年後だったと思います。
キャンディッド はソニーから何枚かリリースされ、オリジナル盤を持っていないファンは
狂喜乱舞したものです。 このレーベルには なにか知的なイメージがあり、聴かなくても
持っていることにステイタスを感じたものでした。

とくに お目当ては同じブッカーでもリトルのほうで買って聴いてみると “なにこれ?” と
言わずに いられないほどの迷作だったことが思い出されます。
そして本作はというと(Candid はアーチー・ブレイヤーが創設)ジャズ評論家のナット・
ヘントフが監修しているだけあって、アヴァンギャルドっぽい要素が見受けられます。
二曲目の 「Uranus」 を聴いてみてください。 その色合いが ふんぷんとしていて臭い!
そして三曲目の 「Poinciana」 との音楽的ギャップ! こういうのを入れないと売れないと
アーヴィンが言ってヘントフを押し切ったのか? これがA面のラスト曲。
さらにB面トップにクルト・ワイル作の 「Speak Low」 を持ってくるあたり、商売っ気
たっぷりの見え見え路線が いやらしい。

残りのアーヴィン作の四曲に魅力が希薄(ファンの方ごめんなさい)で、しいて言えば
「Booker's Blues」 がアフターアワーズ的な雰囲気をもったベストトラックと言えそう。
そしてベースとドラムスは堅実な二人なのですが、ピアノが苦手パーランさんなので
「Boo」 でのソロなどはクリエイティブに欠け、聴く気が失せる演奏になっています。
というわけで、巷間、評価が高い作品ですが星は こんなところかな、という一枚でした。


That's It ! / Booker Ervin

よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する