Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Stan Getz Plays

Stan Getz Plays
★★★★★
『Stan Getz Plays』
Norgran MGN 1042 → Polydor MV 2627
(Side-1, 2-1, 2-2) 1952年12月12日 録音
(2/3~5) 1952年12月29日 録音
Stan Getz(ts) Jimmy Raney(g)
Duke Jordan(p) Bill Crow(b) Frank Isola(ds)


Side-1
1. Stella By Starlight
2. Time On My Hands
3. 'Tis Autumn
4. The Way You Look Tonight
5. Lover Come Back To Me
6. Body And Soul
Side-2
1. Stars Fell On Alabama
2. You Turned The Tables On Me
3. Thanks For The Memory
4. Hymn Of The Orient
5. These Foolish Things

1952年12月29日に録音されたもう一曲
12. How Deep Is The Ocean

1954年1月23日に録音され Norgran 119 と Norgran 139 に収録された曲で
CD(2017年11月現在 廃盤)でボーナストラックとして聴くことができます。
Stan Getz(ts) Jimmy Rowles(p)
Bob Whitlock(b) Max Roach(ds)

13. Nobody Else But Me
14. Down By The Sycamore Tree
15. I Hadn't Anyone Till You
16. With The Wind And The Rain In Your Hair

全曲すばらしくて どれもがベストトラックです。 未聴の方はCDが入手できるうちに
買い求めて聴いてください。 音質は65年も前の録音なので いいはずはありません。
でも そんな些末なことは まったく気になりません。
ゲッツが若干25歳のときの類まれなる傑作なのです。 ルースト盤と並ぶ必聴の一枚です。

CDに収録されている1954年の四曲は、めずらしくマックス・ローチとの共演。 たぶん
生涯に二度しか共演(『Brothers And Other Mothers』 Savoy)していないのでは?
本作ではローチのブラシが聴けるのもめずらしいと思います。

ジャケット写真はフィル・スターンが撮った決定的な一枚。 スタン・ゲッツと彼の愛息。
スタンは息子に目もくれず、右手に持っているマリ○ァ○? が気になっている!
クスリと深酒が原因だと言われている肝臓がんで64歳の若さで天才は逝ってしまいました。
というわけで、このジャズ史に残るすばらしい遺産、聴くべし!


Stan Getz Plays+1(Uhqcd)

よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する