FC2ブログ

Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

The Russ Freeman Trio

The Russ Freeman Trio Pacific Jazz PJ LP-8
★★★★
『The Russ Freeman Trio』
Pacific Jazz PJ LP-8 → Pacific Jazz PJ-1212
(2/1~3)1953年10月27日 (Side-1, 2-4)1953年12月22日 録音
Russ Freeman(p) Joe Mondragon(b) Shelly Manne(ds)

Side-1
1. Yesterday's Gardenias
2. Bock's Tops
3. Don't Worry About Me
4. Backfield In Motion
Side-2
1. You Stepped Out Of A Dream
2. Laugh Cry
3. At Last
4. The Eye Opener

やはりアプローチが古いし録音状態も古い。 なにしろ64年もまえの演奏だから とうぜん
といえばとうぜん。 フルトヴェングラー指揮の名演 『ドン・ジョヴァンニ』 は翌年録音。
古さにはかなわない。 ただ所持していることが自慢であり喜びであるのでしょう。

なにかの雑誌に村上春樹氏の ご自宅のオーディオルームの写真が掲載されていた
ことがあって、本作のジャケットがレコードラックに飾ってありました。 たぶん10インチの
オリジナル盤でしょう。 村上氏は有名なジャズファンだからコレクションもすごい。
さらにスピーカーも JBLの D1304530 バックロードホーンのエンクロージャーに入れ
上にはレンズの 537-509 が載っているのでドライバーは たぶん 375 なのでしょう。
ただしアンプがアキュフェーズの E-407 って、ちょっとバランスが違うのではないかな?

それはともかく、本作は はじめにも書いたように持っていて、オリジナル盤なら なおさら
ステイタスが感じられるものなのです。 だから聴くときもオリジナル。 国内盤、ましてや
CDともなると風格はガクッと落ちてしまう。 つまり ながら聴きができない作品なのです。
10インチ盤をターンテーブルに載せ、アームを静かに降ろす。 その一連の行為が至福の
ときなのです。 だからオリジナル盤を探しましょう。
ちなみに見事なジャケット写真はウィリアム・クラクストンの手になるものです。


Russ Freeman Trio & Quartet

よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する