FC2ブログ

Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Soul Station / Hank Mobley Blue Note 4031

Hank Mobley Soul Station Blue Note BST 84031
★★★★☆
『Soul Station』
Blue Note BST 84031 → King GXK-8096
1960年2月7日 録音
Hank Mobley(ts)
Wynton Kelly(p) Paul Chambers(b) Art Blakey(ds)


Side-1
1. Remember
2. This I Dig Of You
3. Dig Dis
Side-2
1. Split Feelin's
2. Soul Station
3. If I Should Lose You

ここでのモブレーはマイルスと共演していたモブレーと同じ人物なのか?
ほんとうに伸び伸びとプレイしている。 なんの ひっかかりもありません。
悪い言い方をすれば、ジャズを聴く醍醐味が あまり感じられません。
ジャズというジャンルの音楽がスムーズに流れて、心地よいだけです。
ソロの部分も まるで譜面が存在するような演奏。 初心者向けの教科書。
チェンバースもブレイキーも優等生すぎるのです。
ウィントン・ケリーも目の前の譜面を きっちり弾きこなしている。
と けなしてばかりですが、ワンホーン・ジャズの代表的名盤には違いない。
モブレーの4曲のオリジナルも堂々としたものです。
というか2曲のスタンダードで自曲を はさむ構成は売れ行きを考慮したもの。
自信があるなら全曲オリジナルにすべき。 いや そのほうがアルバムとしては
完璧なものに なったと思います。
わたしが いちばん好きな曲は 「This I Dig Of You」 です。

※以上2012年1月20日の記述でした。

ちなみに本作のオリジナル盤が、なんとモノラル盤が(2017年12月23日現在)
138,000円でヤフオクに出品されています。 ステレオで聴くことが これほど
すばらしいレコードなのに、モノラル信奉者は もったいないことをしています。


Soul Station / Hank Mobley
Soul Station / Hank Mobley






↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する