Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Hot Turkey / Ray Bryant

Ray Bryant Hot Turkey Black And Blue 33.089
★★★★☆
『Hot Turkey』
Black And Blue 33.089 → Nippon Phonogram 25PJ-3
1975年10月15日 録音
Ray Bryant(p)
Major Holley(b/Side-1) Panama Francis(ds/Side-1)


Side-1
1. Hot Turkey
2. Lil Darlin'
3. Satin Doll
Side-2
1. Saint Louis Blues
2. Take The A Train
3. Sophisticated Lady
4. B & H Blues

なぜこのオリジナル盤を手放したのだろうか? 1970年代半ばはマイナーレーベルが多く
出現したものでした。 本作の Black and Blue はアルバム自体の造りはあまり良いとは
言えず、たとえば SteepleChase とは造り、音質、ジャケットセンスの差が明らかでした。
その分、ブルージーというか土着的というか、つまりレイ・ブライアントにはぴったりの
レーベルと言えるのです。

本作は古くからのブライアントファンも納得のいく好アルバムで、トリオとソロの両方が
愉しめる格好の作品です。 午後のひとときコーヒーを飲みながら、また夜に好きなお酒を
飲りながら、ジャズを趣味にしてよかったな、と思う一枚です。
アルバムの始めと終わりに自作曲を配し、あとは超有名なスタンダードを並べるという
うれしい構成も功を奏している、おすすめ盤です。

よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する