FC2ブログ

Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Feelin' Red / Red Garland

Red Garland Feelin Red Muse MR 5130
★★★☆
『Feelin’ Red』
Muse MR 5130 → King Seven Seas K 22P-6008
1978年5月15日 録音
Red Garland(p) Sam Jones(b) Al Foster(ds)

Side-1
1. It's All Right With Me
2. You Better Go Now
3. On A Clear Day
Side-2
1. Going Home
2. The Second Time Around
3. I Wish I Knew
4. Cherokee

レッド・ガーランドが亡くなってもう34年という年月が過ぎました。 そしてわたしは
彼の没年齢より八歳も年寄りになりました。 ジャズピアノではビル・エヴァンスのつぎに
好きなプレイヤーです。 とにかくジャズピアノの醍醐味が感じられます。
本作は晩年に近い、55歳の誕生日の二日後に録音された めずらしくアグレッシブな一枚。
メンバーは だれが選んだのか、ドラムスにアル・フォスターが起用されていることが異様。
ところがバスドラの録音が かなりこもり気味でオープニングの 「It's All Right With Me」
など聴きづらい。 アップテンポの曲は相対的に その傾向にあります。

「You Better Go Now」や 「The Second Time Around」 のようなバラードはその点聴き
やすいのですが、なにか物足りない。 それとドビュッシーの「Going Home」は違和感あり。
ラストの 「Cherokee」 のイントロのアレンジも感心できません。
ようは本作は昔ながらのジャズ喫茶店でアルテックA7などから流れてくればお客は満足、
という(へんてこりんな解釈)作品だと思います。 ガーランドフリークにはつらい一枚!


よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する