FC2ブログ

Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Whims Of Chambers / Paul Chambers Blue Note 1534

Paul Chambers Whims Of Chambers Blue Note BLP 1534
★★★★★
『Whims Of Chambers』
Blue Note BLP 1534 → King GXK-8018M
1956年9月21日 録音
Donald Byrd(tp/except 1-2, 2-3) John Coltrane(ts/except 1-2, 2-2, 2-3)
Kenny Burrell(g/except 2-3) Horace Silver(p) Paul Chambers(b)
“Philly” Joe Jones(ds)


Side-1
1. Omicron
2. Whims Of Chambers
3. Nita
Side-2
1. We Six
2. Dear Ann
3. Tale Of The Fingers
4. Just For The Love

ポール・チェンバースの録音量たるや、半端じゃなく多いですよね。 Blue Note の
録音だけでもセッション数は54回。 一日で 2枚のアルバムに参加すること4 回。
連日で録音することもあって、ヴァン・ゲルダースタジオの超常連。 手が八本あっても
足りないくらいの引っぱりだこだったのです。 これでは酒と麻薬におぼれるのは必然
といえるかもしれません。 その結果、結核で亡くなるのです。 33歳という若さでした。
本作は彼の作品のなかで人気の一枚。 ジャズファンなら必聴です!

※以上2011年4月22日の記述でした。



よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する