FC2ブログ

Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

画期的だったデンスケ、ついに お別れ

SONY TC-2850SD

独身の最後のころだったか、結婚して間もなくだったか、ソニーのデンスケが我が家に
存在していました。 オーディオとしてのカセットデッキは、別に当時ナショナルの高級機?
を持っていたので、なんのために買ったのかよく覚えていません。
しかし下の娘が生まれたとき、上の娘が妹の名を呼ぶ声をデンスケで録音しているのです。
そして 1980年9月、長女が 4歳のときピアノ・レッスンを始めました。
そこから このデンスケが大活躍し始めました。 マイク2本で娘のピアノ練習の復習する
ようすを録音したのです。 90分テープ 2本が、いま手元に残っています。

つい先日、デンスケを引っ張り出してカセットを装填したところ、再生レバーを押しても
なんの反応もしません! 本体の底部分のネジのところも錆びついている状態です。
使わなくなって 30年以上が経っているので当然といえば当然のことだと思い知りました。

ヤフオクを見てみたら、同じ機種が何点か出品されていて、ジャンク品があったり完動品が
あったり、いまでも需要と供給があるのだと感動? したのです。
そのなかのベルトを交換した完動品にウォッチをかけていたら 53,000円で落札されました。
発売時と ほぼ同額で取引きされたのも、人気があるからなのでしょう。
我が家で活躍してくれたデンスケは、有害ごみの日に お別れすることになりました。


● SONY TC-2850SD(オーディオの足跡)
よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する