FC2ブログ

Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Evans In England / Bill Evans

Bill Evans In England Resonance Records HCD-2037
演奏★★★★☆(音質★★★☆)
『Evans In England』
Resonance Records HCD-2037
1969年12月 Ronnie Scott's Club, ロンドンにてライブ録音
Bill Evans(P) Eddie Gomez(b) Marty Morell(ds)

Disc-1
01. Our Love Is Here To Stay
02. Sugar Plum
03. Stella By Starlight
04. My Foolish Heart
05. Waltz For Debby
06. 'Round Midnight
07. The Two Lonely People
08. Who Can I Turn To(When Nobody Needs Me)
Disc-2
01. Elsa
02. What Are You Doing The Rest Of Your Life?
03. Turn Out The Stars
04. Re: Person I Knew
05. Goodbye
06. Come Rain Or Come Shine
07. Very Early
08. So What
09. Midnight Mood
10. Polka Dots And Moonbeams

Affinity レーベルから発売された 『Quiet Now』 の録音から数日後? アムステルダムから
ロンドンに飛んで、なじみのクラブ、ロニー・スコッツで録られたのが本作。 1969年暮れ
12月のことです。 録音したのは自称ジャズ・コレクターという人物。 録音をエヴァンスが
了承していたというが、本当だろうか? 50年前の個人による録音レベルは これぐらいの
ものなのか・・・

まぁ、エヴァンス・フリークには貴重な音源だし、買わずに見逃すわけにはいきません。
素人が録音すると確実にドラムスがドンシャリになるし、トリオのバランスも良好とは
いえないものになります。 でも、聴く しかありません。

「My Romance」 がないし 「Nardis」 もありません。後者は演奏すると長くなるので割愛
したのかもしれません。 とするとまだ音源は残されている? 第二弾も期待できそう。



よろしければクリックを

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する