FC2ブログ

Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Indeed! / Lee Morgan Blue Note1538

Lee Morgan Indeed!
★★★★
『Indeed!』
Blue Note BLP 1538 → King GXK-8017M
1956年11月4日 録音
Lee Morgan(tp) Clarence Sharpe(as)
Horace Silver(p) Wilbur Ware(b) Philly Joe Jones(ds)


Side-1
1. Roccus
2. Reggie Of Chester
3. The Lady
Side-2
1. Little T
2. Gaza Strip
3. Stand By

わたしが所有している本作のアナログ盤は、A DIVISION OF UNITED ARTISTS RECO
RDS, INC. とレーベルに印字されています。 つまりユナイトに権利が移ってからのプレス
です。 が、ジャケット裏は 767 Lexington Ave., New York 21 と初出の印字になっています。
もちろんデッド・ワックスには、RVGの刻印も手描きも 9Mや耳マークもありません。
しかし音圧はそれなりにあって、オリジナル盤に近いんだろうな、と勝手に自己満足して
います。 しかし入手金額は、なんと1,000円でした。 レキシントンで額縁ジャケットなら
状態によって数万円から十数万円までの幅で取引きされるのでしょうね。

本作の録音日、モーガンは 18歳3ヵ月と25日、という少年といってもよい若さです。
やはり彼のプレイは若さが如実に出ています。 たとえば 「Little T」 のテーマの部分など
少したどたどしさが現れています。 ただ一所懸命に軽快感を出そうとがんばってはいます。
全体を通しては、クラレンス・シャープのアルトが光っています。(彼には1931年生まれ
と1937年生まれ説がありますが、1931年が正解でしょう)
とくにベストトラックは挙げませんが、ハードバップの佳作として愛すべき一枚です。
モーガンの 「Gaza Strip」 のソロを聴いていると、やはり天才の芽がうかがえます。
ライオンがスタジオの隅っこで、にんまりとしている光景が目に浮かぶようです。



よろしければクリックを

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する