Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Face 顔の佳作ジャケット

わたしは基本的にミュージシャンの生没年で記事をアップしているのですが、
ここ何日か、該当する有名人がいないので、ジャケットシリーズで書いています。
きょうはジャズ・ミュージシャンの顔(Face)でいこうと思います。
レコードが売れるか売れないか、大きな要素のひとつはジャケット・デザインです。
ミュージシャンの良い顔、良い表情を使う。 売れ行きに大きく反映します。
わたしが思うベスト 10 を あなたはどう思われるでしょうか?


Bill Evans Portrait In Jazz
① 『Portrait In Jazz / Bill Evans Trio』 Riverside 12-315
やはりこれが 1位でしょう。 Melvin Sokolsky と Paul Bacon のデザインです。
学者然としたエヴァンスの文字どおりポートレイト。 右目も見えるのがオリジナル?



John Lewis The John Lewis Piano
② 『The John Lewis Piano』 Atlantic 1272
Lee Friedlander の見事な写真。 ルイスの人格が如実に表現されています。
聴くまえから襟を正す、というかんじの芸術性に あふれたジャケットです。



Bud Powell The Amazing Bud Powell Vol.1
③ 『The Amazing Bud Powell Volume 1』 Blue Note BLP 1503
ジャズ界でこれほど知られたアルバムはほかにないでしょう。 まるで鬼神のような
表情のバド。 それを逃さず撮ったウルフもすごい。 10インチ(5041)もいい。



John Coltrane Blue Train Blue Note BLP 1577
④ 『Blue Train / John Coltrane』 Blue Note BLP 1577
ウルフは表情を切り取るのが天才的にうまい。 トレーンはなにを考えてるのかなぁ。
名前の初めの文字を小文字にするのがはやりだった? リード・マイルスの作です



Duke Pearson Profile
⑤ 『Profile / Duke Pearson』 Blue Note BLP 4022
ジャケットにピアソンをほめたたえるコメントが書かれています。 でも看板に偽りなし。
一生つきあえる名品だと思います。 ウルフとマイルスがコンビを組んだジャケット。



Kenny Dorham Quiet Kenny New Jazz 8225
⑥ 『Quiet Kenny / Kenny Dorham』 New Jazz NJLP 8225
デザインは Esmond Edwards 。 シンプルですね。 ドーハムは晩年、トランペットの
つば抜きをゴムバンドで留めていたといいます。 そんなに困っていたのかなぁ。



Bill Perkins Just Friends
⑦ 『Just Friends / Bill Perkins』 Pacific Jazz M-401
写真は Ray Avery 。 ビル・パーキンスの毅然とした表情がうまく捉えられています。
ウエスト・コーストの大物が結集した、ファンは聴き逃せない一枚だと思います。



Stan Getz Plays
⑧ 『Stan Getz Plays』 Norgran MGN 1042(Clef MGC 143)
息子がなにかささやいているというのに、ゲッツは手に持ったたばこを見つめています。
これがいわゆるマリファナだという、まことしやかな話があります。 ホントかなぁ。



Miles Davis Round About Midnight
⑨ 『'Round About Midnight / Miles Davis』 Columbia CL 949
この写真(Marvin Koner)は裏焼きです。 トランペットがその証拠です。 マイルスは
コロムビアに移籍しても悩みがあったようです。 “プレスティッジに悪いことしたなぁ”



Ted Curson Plenty Of Horn
⑩ 『Plenty Of Horn / Ted Curson』 Old Town OT LP 2003
テッド・カーソンといえばこの幻の名盤? ちょっとめずらしい 4本バルブのポケット
トランペットが彼の愛器。 この楽器、音を出すのが けっこうむずかしいですよ。
わたしは 「Bali-H'ai」 のエリック・ドルフィーのフルートを聴くためにこのレコードを
所持しているのです。



Fats Navarro The Fabulous Fats Navarro Vol.1
次点 『The Fabulous Fats Navarro Volume 1』 Blue Note BLP 1531
早逝したファッツ・ナヴァロのプレイ写真。 タイトルに “すばらしい” とつけるなんて
BN はいつも手前味噌。 日本人にはこのようなあつかましさ、あまり理解できませんね。


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/93-8990bc74