Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ジャズメン以外の人がジャケットに

タイトルわかりにくいかなぁ。 レコード自体とは関係のない人物がジャケットを飾る。

しかもそれが絵になっているという作品。 すべて女性です。 とうぜんかな。
演奏を聴く楽しみはもちろんですが、ジャケットを愛でるという楽しみも大きいのです。
そんななかから今回も 10作を選んでみました。 楽しんでいただけたらいいのですが。


Bill Evans Moon Beams
① 『Moon Beams / Bill Evans Trio』 Riverside RLP 428
ニコがモデルの有名なジャケットです。 さかさまにレイアウトするなんて、とんでもない
ことを思いつきますよね。 でもこれしかない、という傑作ジャケットになりました。



Chet Baker The Blues
② 『The Blues』 Pacific Jazz JWC 502
撮影はウィリアム・クラクストン。 チェット・ベイカーをばっさり切って妻の Halema Alli
を活かした見事なジャケット。 探しているファンが多い。ベイカーの演奏はありません。



Andre Previn A Touch Of Elegance
③ 『A Touch Of Elegance / Andre Previn』 Columbia CS 8449
タイトルどおり まさにエレガント。 帽子のブルー、口紅とバラのレッド。 しかも美女。
気品にあふれ、フランス人のプレヴィンにぴったり。 コロムビアならではの一枚です。



Marty Paich I Get A Boot Out Of You Warner Bros WS 1349
④ 『I Get A Boot Out Of You / Marty Paich』 Warner Bors WS 1349
いわゆる“お風呂”で親しまれていますね。 ボーイッシュな彼女の肩にかけられたタオル
には “his” と書かれ意味深。 わたしはむかし、オリジナルを手放してしまいました!



The 3 Sounds Moods Blue Note BLP 4044
⑤ 『Moods / The 3 Sounds』 Blue Note BLP 4044
アルフレッド・ライオンの奥さんであるルース・メイソン(Ruth Mason)のこの表情。
ライオンの部屋にも飾られていました。 わたしはこの演奏、準オリジナルで聴いています。



Miles Davis Ascenseur pour lechafaud fontana
⑥ 『Ascenseur Pour L'echafaud / Miles Davis』 Fontana (F) 662 213 TR
ルイ・マル監督 「死刑台のエレベーター」 のサントラ盤。 ジャンヌ・モローがすてき
です。当時マイルスはジャンヌに惚れこんでいました。 これもよく聴きました。



Blue Mitchell Down With It! Blue Note BLP 4214
⑦ 『Down With It! / Blue Mitchell』 Blue Note BST 84214
このモデルだれだったかなぁ。 BN の他のジャケットにも登場。 Down だから矢印が
下向き、まんまです。 日野皓正の 「Alone, Alone And Alone」 を聴くレコードです。



Marty Paich The Broadway Bit Warner Bros WS 1296
⑧ 『The Broadway Bit / Marty Paich』 Warner Bors WS 1296
“踊り子” です。 脚線美の奥の彼女が読んでいるのは、ダウン・ビート誌、
しゃれてますよねぇ。 スコット・ラファロを聴きたいために、オリジナルを
探しているファン多いんですよね。




Lou Donaldson Alligator Bogaloo Blue Note BLP 4632
⑨ 『Alligator Bogaloo / Lou Donaldson』 Blue Note BST 84632
彼女は有名なファッション・モデル、ペギー・モフィット(Peggy Moffitt)です。 BN の
『Mr. Shing-A-Ling / Lou Donaldson』 にも登場。 彼女のページは
こちら です。


Miles Davis Someday My Prince Will Come CL 1656
⑩ 『Someday My Prince Will Come / Miles Davis』 Columbia CL 1656
何番目の妻でしょう。 フランシス、通称フランです。 左目下のほくろが印象的
ですよね。 マイルスのジャケットに何度か登場しています。 フランにとって
マイルスがプリンスなんですね。



Curtis Counce You Get More Bounce Contemporary C 7539
次点 『You Get More Bounce / Curtis Counce』 Contemporary C 7539
最後はこれ。 好きじゃない方もいらっしゃるでしょうが、よく話題にのぼるジャケット
です。 聴診器で自分の鼓動を確認? この音楽を聴くと心拍数があがるのでしょうか。


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/94-a664cd89