Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

動物ジャケットの佳作

テレビCF では、こどもか動物を登場させると、それだけで成功するといわれています。
注目度がいっきにアップするのですね。 レコード・ジャケットも同じように考える
デザイナーがいるのはとうぜんです。 ただし内容と関連しているのは少ないようです。
そんななかから、わたしが選ぶベスト 10をご紹介しようと思います。


Chick Corea Return To Forever ECM 1022 ST
① 『Return To Forever / Chick Corea』 ECM 1022 ST
1972年に発売されたときの衝撃はいまでも忘れられません。 ECM というレーベルは当時
神秘的で高尚なイメージがありました。 その名のとおり、ECM(Editions of Contemporary
Music) はマンフレット・アイヒャーが設立した現代音楽なんですもの。



Donald Byrd Free Form Blue Note BLP 4118
② 『Free Form / Donald Byrd』 Blue Note BLP 4118
写真もデザインもリード・マイルスです。 よくもまぁこんな写真が撮れるもんですよね。
バードのスペル違いで鳥、鳩が羽ばたく瞬間。 アメリカ人はフリーという言葉が好きです。



Lenny Hambro The Nature Of Things Epic LN 3361
③ 『The Nature Of Things / Lenny Hambro』 Epic LN 3361
雲ひとつない空に鳩が羽ばたいていく。 これがタイトル “ものの本質” という意味づけ。
ハンブロは寡作家なので、このエピックLP盤は入手難。 それにしてもきれいな写真です。

ここからミュージシャンと動物の組み合わせがつづきます。


Cathy Carr Shy Roulette SR 25077
④ 『Shy / Cathy Carr』 Roulette SR 25077
タイトルが “内気” だから猫って、猫は内気じゃないでしょ。 “わがまま” でしょうに。
彼女はアルバムを数枚しか出していません。 これがいちばん有名ではないでしょうか。
これも手放して後悔している一枚ですが、なんで手放したんだろう、覚えていません。



Jennie Smith Jennie Dot DLP 25586
⑤ 『Jennie / Jennie Smith』 Dot DLP 3586
いわゆる “猫のジェニー” です。 もっと若いころのアルバムも人気があるので、
それらを収集したあとにこのアルバムを探す、というのがジェニー・ファンの常道です。



Jackie McLean Capuchin Swing Blue Note BLP 4038
⑥ 『Capuchin Swing / Jackie McLean』 Blue Note BLP 4038
Capuchin とはカツラザルのこと。 ジャケットに登場する動物としては、かなり珍しい。
ウルフも撮影するのに苦労したことでしょう。 トリミングがそれを物語っています。



Phil Woods Warm Woods Epic LN 3436
⑦ 『Warm Woods / Phil Woods』 Epic LN 3436
ウッズの表情が硬いですよね。 タイトルに名前を入れて、スペルを重ねる。 デザインの
常套手段です。 暖炉の暖かさにに包まれて、犬はリラックスしているようです。



George Wallington The Prestidigitator East-West 4004
⑧ 『The Prestidigitator / George Wallington』 East-West 4004
“手品師” というタイトル。 箱の中で子供が大きなウサギを抱えています。 横には太鼓
とラッパがあって、なんか不思議な写真ですよね。 むかしは幻の名盤として入手難でした。



Bill Evans The Ivory Hunters United Artists UAL 3044
⑨ 『The Ivory Hunters / Bill Evans Bob Brookmeyer』 United Artists UAL 3044
象牙狩り、ピアノの白鍵が象牙だからこのようなジャケットに? でもビル・エヴァンスの
おなかからグサリと突き出るなんてコワ~い。 録音まえに急きょダブルピアノになった。



Philly Joe Jones Blues For Dracula Riverside RLP 12-282
⑩ 『Blues For Dracula / Philly Joe Jones』 Riverside RLP 12-282
むかしこの盤を見たときびっくりしたのを思い出します。 コウモリがスティックに
ぶらさがっている! そしてドラキュラの首には勲章らしきものが。 なんなんでしょう。



Lee Morgan The Young Lions Vee Jay LP 3013
次点 『The Young Lions / Lee Morgan』 Vee Jay LP 3013
ミュージシャンのみんなが若かったからヤングライオン? でも写っているライオンは
すべてメスですよ。 考えていそうで考えていないジャケットの代表です。


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/97-03f44fc5